我が国では人生の最終章にむけた葬送や埋葬・墓地などの在り方が多様化しています。
本財団では、墓地・墓園に関わる事業が中心ではありますが、葬務事業とは、墓地・納骨堂、火葬場などの施設運営から葬儀・供養関連事業を含めたサービスの提供を一貫性のある事業として捉えております。

本来は「墓地・納骨堂・火葬場の施設運用」や「葬儀・供養関連などのサービス提供」は、受け手側からすれば「葬祭」という、ひとつの大きな儀礼の流れに連なるものであります。

相互に極めて深い関係性をもつものでありながら、これらを包括的にまとめて論じたものがあまりにも少ないのではないかと大きな疑問を感じておりました。
人口の自然減が常態化し、本格的な長寿社会を迎えている中、急速に変化している我が国の葬送形式や埋葬方法に新たな課題が生じていることから、これら諸問題の解決には発想を転換し新たなアプローチが必要だと考えています。

本財団では包括的な形で葬務関連事業が推進される環境の構築を目指した活動を実施して参ります。

官・民問わず、葬祭に関わる事業者を含め、様々な方々に対して、本財団が得た適切な情報を提供し、自身の活動を通して永続的及び公共性のある葬務事業が提供されるべき啓蒙、普及及び促進を行うことが最終的な目標としています。


平成25年4月1日
一般財団法人 葬務事業振興会




組織・役員

【役員等一覧】
役員名簿(平成26年4月1日現在)