葬務事業振興会では、墓園事業の拡張や新規参入を検討されている法人様を対象に墓地建設の計画から経営に至るまでプロフェッショナル・マネージメントを行っています。
墓地の需要算定・最新の墓地事情などを踏まえた墓園開発計画の策定など墓園事業に精通した専門官と共に事業を進めて参ります。



総合的な相談



豊富な専門知識と実務経験に加え、幅広いネットワークを活かしたマネージメントを行い、今あるべき墓園事業の方向性を示し経営・管理の方法などをサポートしていきます。先ずはご相談下さい。

     
  • ■新規霊園の経営を行いたい。
  • ■遊休地を墓園として活用したい。
  • ■開園はしたが募集が上手くいかない。
  • ■墓地経営許可取得の方法
  • ■墓地の運営や管理を委託したい。


専門官の派遣



墓地・霊園の管理には様々な事象が生じるため窓口業務には専門的知識が必要となります。
「墓埋法」「所在地自治体の条例」など法的知識から地域性の宗教観に至るまで総合的判断による墓地の運営・管理・提言を行う人材を配置しています。
叉、公営墓地の運営審議会へ委員輩出や墓園関連セミナーへの講師を派遣しております。

     
  • ■公営墓地運営審議会への委員派遣
  • ■終活セミナーへの講師の派遣
  • ■霊園窓口業務へのスタッフ派遣
  • ■墓地全面改葬の為の専門的調査と査定
専門官の派遣イメージ1
専門官の派遣イメージ2



企画・設計



昨今では一般墓所とは違い「樹林墓地」や「合葬式墓所」など時代と共にお墓のニーズも多様化しています。
歴史の浅い新型墓所には運営上の様々な問題が生じる可能性があります。
合葬式墓所では数多くのご遺骨を埋葬することができるため、故人の名前や戒名などを刻む記名板スペースが不足する事態が生じ、環境や地質の調査不足により樹木葬墓地を建設したが数年後には木々か枯れてしまうケ-スもあります。墓園事業には専門的スキームを踏まえた企画・立案・設計が求められます。
また、墓地という永続性を重視した墓園施設の立案と計画が必要となります。


【 多様化する公営墓地 】

樹木葬合葬式墓所

樹木葬合葬式墓所

樹林墓地

樹林墓地

合葬式墓所

合葬式墓所



事前墓石設置区画

事前墓石設置区画

合葬式墓所 記銘

合葬式墓所 記銘板

納骨堂

納骨堂